村人のために、誰もがしたがらない仕事をし続けた

二宮金次郎は桜町領の労働者のひとりに”村人のために、誰もがしたがらない仕事をし続けた”との理由で15両の褒賞を授与。

当時の日当の約3,000倍の高額とされ、今の世で日当1万円としたら3,000万円相当。

※ 画像はコバンノキ

現代でも十分に管理者として、人の上に立てそうな人物(二宮尊徳)のミュージカルが開成町で見られます。
是非お越し下さい。

チケットや公演情報はこちらから確認して下さい。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。