二宮金次郎さんが読んでいる本の名前知ってますか?

二宮金次郎さんと聞いて多くの人がイメージするのは薪を背負って本を読んでいる姿ですよね。

歩きながら本を読んでいるのは教育上よくないなんて言って座った金次郎像を作ったなんて話を聞きました。

ちょっと違うんじゃないかな。考え過ぎですよ。

ところで金次郎少年が読んでいる本のタイトル知っていますか。

『大学』という中国の古い本です。

中国では徳のある立派なん人のことを「大人」といいます。「おとな」ではなく「たいじん」と読みます。

「大人」が学ぶところが「大学」で、そこで学ぶ本、いわば教科書が『大学』ということになります。

何事も自分の精神、たち振る舞いをきちんとすることから始めましょうと書いてあります。

古い言葉ですが「修身」です。簡単なようでいて一番難しいことです。

立派な人物になればおのずから人は着いてくると教えてます。

みなさんも「大人」目指して二宮金次郎さんみたいになって下さい。

 

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。