正しくは、にのみやたかのり?

「にのみやそんとく」と一般的に呼ばれている金次郎さん。
1842年、56歳の時に幕府に登用され、「諱(いみな)」として”尊徳”という名前を頂いたそうです。そして読み方は「たかのり」だったんです。
後年、弟子たちが尊敬の念をこめて「そんとく」と読み習わしたとの事です。

たかのり(二宮尊徳)のミュージカルが開成町で見られます。
是非お越し下さい。

チケットや公演情報はこちらから確認して下さい。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。