謙虚で身の丈に拘る姿勢は、分度と相通ずるところあり

なんと・・・・

小田原藩主は桜町領(現:栃木県真岡市)の再興を二宮金次郎に要請し続けたが、金次郎は3年間も辞退し続けたことはあまり知られていない?

公共事業には能力がないことが理由とされたが、謙虚で身の丈に拘る姿勢は、分度と相通ずるところあり。

文政6年(1823年)から、桜町に移住して再建に着手した。
wiki参照

謙虚に生きた人物(二宮尊徳)のミュージカルが開成町で見られます。
是非お越し下さい。

チケットや公演情報はこちらから確認して下さい。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。